バイアグラ注意事項等

ED治療薬か今とても人気のサプリメントか?
マカ超えの強力サプリメント「クラチャイダムゴールド」

バイアグラ注意事項等

バイアグラ注意事項等

バイアグラの効果は絶大で、ED治療にとって革命的な薬といえます。

しかしバイアグラも薬である以上、副作用についても十分な知識を持っていなければなりません。

用法・用量を守って服用すれば副作用の発生率は低くなり、その症状も一時的、かつ軽微なものとなるでしょう。

バイアグラ服用の際の主な副作用としては次のような事例が報告されています。

臨床試験で約16%の使用者に見られたのが頭痛です。

バイアグラの有効成分クエン酸シルデナフィルが1錠あたりに含まれている濃度が高くなるにつれて頭痛発生率も上昇する傾向があります。

次いで、顔を中心にのぼせやほてりの症状が現れる場合があります。

ただし、副作用とは言ってもそれほど実害があるわけではありません。

のぼせやほてりがあることによって効果を実感するという方もいるようです。

こうしたのぼりやほてりは使用者の約1割に起こります。

下痢や胃部の不快感の症状が出る方も全体の約7%います。

また全体の約3%の方が、景色がまぶしく見える、モノが青く見える「青視症」を起こす場合があります。

このようにバイアグラの副作用は比較的起こりにくく、起こっても症状は軽い場合が多いのですが、なかには服用を見合わせた方がよいと考えられる方もいます。

バイアグラは血管を拡張して血圧を低下させることで勃起に必要な血流を促進し増加させます。

したがって、もともと低血圧な方、脳梗塞や心筋梗塞などの重病を患った人は服用を避けるほうがよいでしょう。

高血圧の方はバイアグラを服用することで勃起以外の二次効果を得られることもあります。

しかし、高血圧の治療を受けていてバイアグラを服用した場合、急激な血圧の低下、狭心症の発症など重篤な副作用を起こす危険もあるため、直ちに服用を避けるのがよいでしょう。

バイアグラは個人輸入代行業者などによって、国内でも簡単に手に入れることができます。

しかし、これまでに述べてきたような副作用についても十分な知識を持っていなければ、危険が全くないとは言い切れません。

やはりバイアグラの服用やEDの治療には、ドクターに診察してもらうのが一番です。

ED治療薬か今とても人気のサプリメントか?
マカ超えの強力サプリメント「クラチャイダムゴールド」